CRAの転職は、製薬メーカーやCROからの転職を考える人が多いでしょう。

CRAは臨床開発モニターのことです。

臨床検査技師の資格や経験は、転職において大きなメリットになります。

治験薬の投薬とその検査結果を医師へ報告する時、臨床検査技師は検査値の変動、異常値などに知識があり、的確なコミニュケーションができることから、現場では優遇されていることがあげられます。

臨床検査会社との間のやり取りにおいても、臨床検査技師や薬剤師の出身の人は、見識がある分、即戦力になると考えられるからです。
求める人物像については「CRA転職の専門ジャーナル」に詳しく書かれています。

CRAと比較されがちなのが、CRCの存在です。

治験コーディネータのCRCは、一般的にCRAよりは給与の面で劣ります。

同時に、CRAは出張など仕事の量も多く、責任も重いので、その部分が給与に反映されています。

平均残業時間が30から50時間とも言われる職種です。

仕事にやりがいを見出して、キャリアを積みたいというプロならば、しっかりとした待遇の求人に申込みをかけたいところでしょう。

CRAは未経験者の求人も見つかります。

未経験での応募ならば、若いうちに業界に飛び込んで、経験を積んでいくのが望ましいかもしれません。

知識と経験を身に着け、臨床検査のフィールドで、第一人者を目指しましょう。

この業界では職場の男女比は5対5で、男女差なく働くことが可能です。

キャリア志向の女性には、チャレンジしがいのある仕事と言えるでしょう。

専門の転職サイトなどを利用すれば、現職に在籍中からの転職の準備も可能になります。